内容証明サポート

TOPページへ戻る


物品の返還請求の内容証明

知人や友人に貸した物品、もしくは寄託した物品の返還を請求する「内容証明」を作成代行します。



CDやDVD、本、ゲーム機・ソフト、テレビやプレイヤー、カメラ、携帯電話、印鑑、保険証、キャッシュカード、その他の物品について、友人や知人、または元彼や元カノに貸し渡して、もしくは預けていて、そのまま返してもらえないままとなってしまう場合があります。

そのままにしておくと、電話やメールなどしても連絡が取れなくなったり、引っ越して居所が不明になってしまう場合もあります。

ただ、そのような場合でも、行政書士や弁護士などの士業は、業務上必要があれば、職権で住民票や戸籍の附票などを取得して転居先を調査確認することが可能です。

なお、借りている(預かっている)側が、別件を理由として返還を拒むことはできませんが、加工制作や修理または運送などを依頼した場合については、留置権(民法第295条)といって、代金の支払いを受けるまでその物を留め置きする権利が生じるため、返還請求することが出来ませんから、ご注意下さい。

貸した物品の返還請求に関する内容証明の、作成に関する必要事項、および、費用と振込先は、以下のとおりです。

入金確認後に原案作成となります。

◆━━━━必要事項━━━━◆
【通知人】
 通知人の氏名
 通知人の住所
 生年月日

【相手方】
 所在地
 氏名または会社名

【貸渡物に関する情報】
 貸し渡した物品
 貸し渡した年月日
━━━━━━━━━━━━━━

◆=内容証明作成にかかる費用=◆
  (A)個人間の場合
 作成報酬  16,200円
 郵便代実費  2,302円
 合計    18,502円
================

◆=内容証明作成にかかる費用=◆
  (B)事業取引の場合
 作成報酬  32,400円
 郵便代実費  2,302円
 合計    34,702円
================

◆――――――――――――――◆
 ◆振込先口座番号のご案内
 -------------------------
 ▼銀 行 名 :三井住友銀行
 ▼支 店 名 :飯田橋支店
 ▼口座種別:普通預金
 ▼口座番号:6912556
 ▼口座名義:行政書士 小竹 広光
  (ギョウセイショシ コタケ ヒロミツ)
――――――――――――――――


内容証明の文例・サンプル
★貸した物品の返還請求★

物品返還請求通知書

     平成○○年○月○○日

被通知人
 東京都●●区●●○−○−○
●●●● 殿

通知人
 東京都■■区■■□−□−□
 ■■■■

本通知書作成代理人
 〒101−0033
 東京都千代田区神田岩本町1番1
 岩本町ビル3階
 行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス
  行政書士 小竹 広光

 冠省
 早速ですが、当職は、通知人より依頼を受け、行政書士法第1条の3第2項に基づき、本書面を代理作成しましたので、送付します。


 私は、貴殿からの求めに応じ、平成●●年●●月●●日、期限の定めなく●●を貸し渡しました。

しかしながら、その後、私から返還要求したにもかかわらず、貴殿からは、正当な理由なく占有し、一向に返還していただけない状態が継続しております。

そのため、私は、自己の所有権を侵害され、法律上の権利ないし利益を侵害されております。

つきましては、私は貴殿に対し、本書面受領後1週間以内に返還されるよう、申し入れいたします。

もしも上記期限までに返還いただけない場合には、やむを得ず、時価相当額の賠償を請求するとともに、返還ないし賠償履行されるまでの期間に応じて、家具レンタルの相場に準じて使用料をも請求いたしますので申し添えます。

もしも当初から返還する意思が無く私から物品の交付を受けていた場合には詐欺罪として、無断で転売その他の処分をしていた場合には横領罪として、別途、管轄の警察署へ被害届または告訴状の提出も並行して進める所存ですので申し添えます。

以上、よろしくお願い申し上げます。

草々



お申し込み・お問合せ

お申し込み・お問い合わせは、こちら

電話 :03-5244-4707
メール:info@naiyoushoumei.net
LINE:ライン@



運営者

東京都千代田区神田岩本町1番1
岩本町ビル3階
行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス


TOPページへ戻る