内容証明サポート

TOPページへ戻る


退職届の内容証明

色々な理由を付けられ、退職に応じてもらえない場合、または、退職後に損害賠償請求などをされそうな場合、トラブル予防のための「内容証明」を作成代行します。



などと、諦めて無理に我慢して頑張り過ぎては、企業にとっても、あなた自身にとっても、決して、お互いのためになりませんし、精神的・体力的にも危険です。

また、雇用契約の解消においては、使用者から求める場合には正当事由や解雇予告手当などが必要ですが、労働者から求める場合は、理由は不要で2週間以上前に通知するだけで退職が成立ます。


退職届の内容証明に関して、作成に関する必要事項、および、費用と振込先は、以下のとおりです。

入金確認後に原案作成となります。

◆━━━━必要事項━━━━◆
【通知人】
 通知人の氏名
 通知人の住所
 生年月日

【相手方】
 所在地
 会社名
 代表者名

【雇用に関する情報】
 入社年月日
 退職希望日
 業種・規模
 給与の締め日と支給日
 雇用保険等の有無
 有給休暇の有無・残日数
━━━━━━━━━━━━━━

◆=内容証明作成にかかる費用=◆
 作成報酬  16,200円
 郵便代実費  2,302円
 合計    18,502円
================

◆――――――――――――――◆
 ◆振込先口座番号のご案内
 -------------------------
 ▼銀 行 名 :三井住友銀行
 ▼支 店 名 :飯田橋支店
 ▼口座種別:普通預金
 ▼口座番号:6912556
 ▼口座名義:行政書士 小竹 広光
  (ギョウセイショシ コタケ ヒロミツ)
――――――――――――――――


内容証明の文例・サンプル
★退職届★

退職届 兼 有給休暇消化申請書

     平成○○年○月○○日

被通知人
 東京都●●区●●○−○−○
●●●● 殿

通知人
 東京都■■区■■□−□−□
 ■■■■

本通知書作成代理人
 〒101−0033
 東京都千代田区神田岩本町1番1
 岩本町ビル3階
  行政書士事務所
   飯田橋総合法務オフィス
    行政書士 小竹 広光

 冠省
 早速ですが、当職は、通知人より依頼を受け、行政書士法第1条の3第2項に基づき、本書面を代理作成しましたので、送付します。


 私は、平成●●年●●月●●日より、貴社●●店に所属させて頂いておりましたが、この度、一身上の都合により、退職させて頂きますので、その旨、届出をいたします。

 退職日に関しては、民法第627条第1項の定めにより、14日以上の猶予をもって、本年○○月○○日付とし、併せて、有給休暇の消化を申請させていただきますので、ご了承下さい。

 念のため、労働者からの退職申出に際しては、有給休暇の計画的付与などを規定している場合であっても、時季変更権を行使することが出来ませんので、申し添えます。

 つきましては、退職日を経過しましたら、雇用保険関係書類その他の必要書類などは、労働基準法22条1項に定める退職時証明書(法が定めた事項をすべて記載したもの)と併せて、遅滞なく自宅へ郵送して頂けますよう、お願い申し上げます。
 なお、速やかな必要書類の交付が無き場合、雇用保険法83条4号により、貴社の代表者や労務担当者が6箇月以下の懲役などの罰則を受けるおそれがありますし、手続きが遅れて転職に支障をきたすことになれば、転職先で支払われるはずの給与などの損害賠償を認める判例(東京地裁 平成8.12.20判決 東京ゼネラル事件)もございますので、申し添えます。
 以上、よろしくお願い申し上げます。

草々



お申し込み・お問合せ

お申し込み・お問い合わせは、こちら

電話 :03-5244-4707
メール:info@naiyoushoumei.net
LINE:ライン@



運営者

東京都千代田区神田岩本町1番1
岩本町ビル3階
行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス


TOPページへ戻る