内容証明サポート

TOPページへ戻る


不払い給与の請求

給料(賃金)の不払いは、労働基準法24条違反であり、労働基準法120条1号により、30万円以下の罰金が科せられる犯罪です。

なお、元勤務先から
「退職されて損害が生じた」
「人手が足りなくて迷惑を受けた」
「1ヶ月以上前に言わなかった罰金」
等の理由で支払いを拒否される場合もありますが、原則として、労働者が故意で損害を生じさせたような余程悪質な場合でない限り、労働者が損害賠償義務を負うことはありませんし、仮に損害を与えた場合でも、これを賃金と相殺することは禁じられています。

前借りをしていた場合であっても、賃金と相殺することは禁じられています(労働基準法17条)。

また、キャバクラやホストクラブも、時給や日給が決められていて、管理監督を受けているのが普通ですから、労働基準法上の労働者となります。
建築業の一人親方や外注・アウトソージングのフリーランスも同様、日給や月給が決められていて、管理監督を受けている場合は、「偽造請負」となり、労働基準法の適用があります。

遅刻や欠勤、ノルマ未達成、等にかかる「罰金」、福利厚生費、等の名目で差し引かれている場合、これらも併せて返還請求することが可能です。


■注意事項■
給与(賃金)は、労働基準法115条の「この法律の規定による賃金(退職金を除く)、災害補償その他の請求権」として、わずか2年で消滅時効が成立となります

不払い賃金請求に関して、内容証明の作成に関する必要事項、および、費用と振込先は、以下のとおりです。

入金確認後に原案作成となります。

◆━━━━必要事項━━━━◆
【通知人】
 通知人の住所・氏名
 振込先口座
 入社年月日
 退職年月日
【不払い給与】
 対象となる期間、支給予定日
 不払いの理由の有無・内容
 定時(出勤時刻、退社時刻)
 定休(曜日など)
 月平均労働日数
 給与体系(時給、月給、など)
 給与の締め日、支給日

【相手方】
 会社名または屋号、所在地
 代表者氏名

【保有する資料の有無】
 雇用契約書・給与明細・
 タイムカード・その他
━━━━━━━━━━━━━━

◆=内容証明作成にかかる費用=◆
 作成報酬  16,200円
 郵便代実費  2,302円
 合計    18,502円
================

◆――――――――――――――◆
 ◆振込先口座番号のご案内
 -------------------------
 ▼銀 行 名 :三井住友銀行
 ▼支 店 名 :飯田橋支店
 ▼口座種別:普通預金
 ▼口座番号:6912556
 ▼口座名義:行政書士 小竹 広光
  (ギョウセイショシ コタケ ヒロミツ)
――――――――――――――――


内容証明の文例・サンプル
★不払い給与の請求★

未払賃金等請求通知書

     平成○○年○月○○日

被通知人
 東京都●●区●●○−○−○
 ●●●●ビル●階
 株式会社●●●●
 代表取締役 ●●●● 殿

通知人
 東京都■■区■■□−□−□
 ■■■■

本通知書作成代理人
 〒101−0033
 東京都千代田区神田岩本町1番1
 岩本町ビル3階
 行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス
  行政書士 小竹 広光

 冠省
 早速ですが、当職は、通知人より依頼を受け、行政書士法第1条の3第2項に基づき、本書面を代理作成しましたので、送付します。

私は、貴社から雇用され、平成●●年●●月●●日より平成●●年●●月●●日まで、社員として労務を行っておりました。
給与の支払は、毎月末日締めの翌末日払いとなっておりました。
しかしながら、今般、退職後の●月分(●月末日支給分)が支給されておらず、不払いとなっており、生活を維持することが困難な状況になっております。
つきましては、労働基準法第23条に基づき、本書面到着後7日以内に、未払賃金全額をお支払い頂けるよう、請求させて頂きます。
また、あわせて、給与明細と源泉徴収票も、私の自宅宛、郵送していただけますよう、お願いします。
万が一お支払いが頂けない場合には、前記の未払賃金元本とあわせて、所定の遅延損害金(支払うべき日の翌日から商業使用人として年6%、退職の翌日からは賃金の支払の確保等に関する法律の定めにより年14.6%)、および労働基準法第114条に定める付加金(未払元本と同額の金員)を加算して、労働審判申立または民事訴訟などの裁判手続き行うと同時に、労働基準監督署への労働基準法違反申告書の提出または告訴状の提出なども並行して行なう所存でありますので、申し添えます。
なお、賃金の不払いは、労働基準法第109条により、最高で懲役6ヶ月の刑に処せられる犯罪行為となる虞がありますので、ご注意下さい。
最後に、今後の連絡事項等は、書面のみとし、私や私の家族等への直接折衝はご容赦下さい。
万が一、この申し出に反して直接折衝などをされた場合、強要罪(刑法第223条)や業務妨害罪(刑法第233条、234条)で刑事告訴する場合がありますのでご承知おき下さい。

草々

    記
  銀行名 :○○銀行
  支店名 :○○支店
  預金種別:普通預金
  口座番号:1234567
  口座名義:■■■■

以上




お申し込み・お問合せ

お申し込み・お問い合わせは、こちら

電話 :03-5244-4707
メール:info@naiyoushoumei.net
LINE:ライン@



運営者

東京都千代田区神田岩本町1番1
岩本町ビル3階
行政書士事務所
 飯田橋総合法務オフィス


TOPページへ戻る