内容証明 作成代行|内容証明作成相談室

内容証明郵便の作成および発送の代行!内容証明のことならお任せ下さい!!
内容証明作成相談室 内容証明郵便の依頼に関するご相談やお問い合せには費用は 一切発生しませんので、お気軽に電話またはメールを下さい。メール相談は日本全国【24時間365日受付】 相談無料!秘密厳守!
内容証明の作成手続きは、専門の法律家・行政書士へ 内容証明に関するお問い合わせ電話番号 内容証明に関する電話相談の受付は、平日9:30〜18:30です

内容証明とは
内容証明の効力
内容証明の書き方
プロのチェックポイント
内容証明の訂正
封筒の書き方
内容証明の費用
内容証明の出し方
不送達/受取拒否
謄本閲覧と再度証明
内容証明の文例
内容証明Q&A


貸金の返還請求

売掛金の回収

不倫の慰謝料請求

婚約破棄の慰謝料請求

解雇予告手当請求

未払い賃金の請求

セクハラ行為差し止め

ストーカー行為禁止

クーリングオフ

支払い停止抗弁

契約取消・契約解除

敷金/保証金の返還請求

立ち退き要求

時効の援用


内容証明を出した後


内容証明代行のお問い合せ

内容証明作成代行報酬

内容証明依頼のメリット

内容証明代行のお客様の声

個人情報保護方針

特定商取引法に基づく表示

業務取扱方針

サービス提供エリア

事務所概要



内容証明作成相談室


内容証明作成代行

全国対応! 相談無料! 秘密厳守!
TOP >> クーリングオフ(クーリング・オフ)

クーリングオフ(クーリング・オフ)

クーリング・オフとは?
クーリング・オフとは、訪問販売や電話勧誘販売などの特定の取引について、一定の期間内であれば、理由もなく、一方的に申込の撤回や契約の解除を認める、という制度のことをいいます。


これは、不意打ちの勧誘や営業により、言葉巧みな業者の口車に乗せられて契約や申込をしてしまう消費者が多いことから、消費者が、頭を冷やして(クーリング)、冷静に考えてから、必要がないと判断した場合には申込の撤回や契約の解除(オフ)する機会を与えようとする法制度であります。


この制度は、訪問販売や電話勧誘販売など法律で指定された特定の取引のみが対象となり、すべての契約に利用出来るものではありません。


クーリングオフの根拠となる法律には、
「特定商取引に関する法律」や「割賦販売法」の他、
「特定商品等の預託等取引契約に関する法律」、
「宅地建物取引業法」、
「ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律」、
「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」、
「保険業法」、
等があり、また、
政令により、一定の指定商品、指定役務(サービス)、指定権利、が定められています。


た、特定商取引に関する法律」と「割賦販売法」が改正され、平成21年12月1日からの訪問販売、通信販売、電話勧誘販売などの契約については、原則としてすべての商品・役務(サービス)を規制対象とし(指定権利は残る)、クーリング・オフ等になじまない商品・役務のみが規制の対象から除外されることになりました。


※法定書面の交付がなされていない場合やクーリング・オフの妨害があった場合など、一定の場合には、クーリング・オフ期間の進行が開始されません。
※信販会社やクレジット会社のローンを利用した契約の場合、ローン契約をした信販会社やクレジット会社にも書面を出す必要があります。


クーリング・オフ制度一覧表


クーリング・オフ制度一覧表
 
取引内容
期間
適用対象
根拠となる法令
(1) 訪問販売 法定書面を受領した日から8日間 キャッチセールス、SF商法などで契約した指定商品・権利・役務の取引
※平成21年12月1日〜原則すべての商品・役務の取引が対象
特定商取引に関する法律 第9条
(2) 電話勧誘販売 法定書面を受領した日から8日間 資格商法(士商法)などで契約した指定商品・権利・役務の取引
※平成21年12月1日〜原則すべての商品・役務の取引が対象
特定商取引に関する法律 第24条
(3) 特定継続的役務提供 法定書面を受領した日から8日間 エステ、語学教室、学習塾、家庭教師派遣、パソコン教室、結婚相手紹介サービス 特定商取引に関する法律 第48条
(4) 連鎖販売取引(マルチ商法) 法定書面を受領した日から20日間 健康食品、化粧品など、すべての商品・権利・役務 特定商取引に関する法律 第40条
(5) 業務提供誘引販売取引 法定書面を受領した日から20日間 内職商法やモニター商法など、教材・商材などの購入を伴う契約 特定商取引に関する法律 第58条
(6) 割賦販売 法定書面を受領した日から8日間 原則としてすべての商品・権利・役務 割賦販売法 第35条の3の10〜12
(7) 預託取引契約 法定書面を受領した日から14日間 現物まがい商法などで契約した指定商品の取引
特定商品等の預託等取引契約に関する法律 第8条
(8) 宅地建物取引 契約書面を受領した日から8日間 宅建業者が売主となって行う事業所外の取引 宅地建物取引業法 第37条の2
(9) 投資顧問契約 契約書面を受領した日から10日間 投資に関する情報提供や助言(アドバイス)などの役務を目的とする契約
有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律 第17条
(10) 保険契約 契約書面を受領した日から8日間 事業所外で行われる保険契約 保険業法 第309条

クーリング・オフの方法


クーリング・オフの手続きは、特別の形式は必要なく、本来は、契約内容などを特定できる必要事項を書いたハガキでも構いません。
また、クーリング・オフ制度では、発信主義が採用されているため、期間内に発送出来ていれば有効です。
※例えば、月曜日に訪問販売による契約を行った場合、月曜日を含む8日目である、翌週の月曜日に発信していれば良い、ということです。
しかし、ハガキでは、どんな内容が書かれていたかも無事に届いたかどうかも、証明することが出来ません。
昨今、悪質な業者も増え、「書面を受け取っていない」などと言い逃れされるケースもあるため、内容証明郵便で行うことが一番安心だとされています。


当事務所では、クーリングオフの手続き代行を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。


  電話番号 :03−5206−7773
  メールアドレス:info@naiyoushoumei.net


内容証明【行政書士】作成相談室|▼今すぐ無料相談|▼お客様の声|▼リンク


Copyright(C) 行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス 内容証明作成相談室 All rights reserved. 

全国対応
内容証明とは?
1年365日 24時間受付しております
サイトマップ
内容証明とは
相談/お問い合せ
作成代行報酬
お客様の声
内容証明を依頼するメリット
事務所概要
相談無料
秘密厳守