内容証明 作成代行|内容証明作成相談室

内容証明郵便の作成および発送の代行!内容証明のことならお任せ下さい!!
内容証明作成相談室 内容証明郵便の依頼に関するご相談やお問い合せには費用は 一切発生しませんので、お気軽に電話またはメールを下さい。メール相談は日本全国【24時間365日受付】 相談無料!秘密厳守!
内容証明の作成手続きは、専門の法律家・行政書士へ 内容証明に関するお問い合わせ電話番号 内容証明に関する電話相談の受付は、平日9:30〜18:30です

内容証明とは
内容証明の効力
内容証明の書き方
プロのチェックポイント
内容証明の訂正
封筒の書き方
内容証明の費用
内容証明の出し方
不送達/受取拒否
謄本閲覧と再度証明
内容証明の文例
内容証明Q&A


貸金の返還請求

売掛金の回収

不倫の慰謝料請求

婚約破棄の慰謝料請求

解雇予告手当請求

未払い賃金の請求

セクハラ行為差し止め

ストーカー行為禁止

クーリングオフ

支払い停止抗弁

契約取消・契約解除

敷金/保証金の返還請求

立ち退き要求

時効の援用


内容証明を出した後


内容証明代行のお問い合せ

内容証明作成代行報酬

内容証明依頼のメリット

内容証明代行のお客様の声

個人情報保護方針

特定商取引法に基づく表示

業務取扱方針

サービス提供エリア

事務所概要


貸金の債権回収

債権回収



内容証明作成相談室


内容証明作成代行

全国対応! 相談無料! 秘密厳守!
TOP >> 貸金(貸付金)の返済(返還)要求

貸金(貸付金)の返済(返還)要求

・貸したお金を返してもらえない
・何とか返してもらいたい
・必ず返すと約束したが連絡も無い
・返済期日を過ぎたら連絡不通になった


「借りたモノは返すのが当たり前」
お金を返さない相手に腹がたってしょうがない

もちろん、当然だと思います。


貸金の返還請求は、債権回収の最も基本的なものです。
しかし、決して簡単ではありません。
事案に応じて債権回収方法を検討する必要があります。

いくら許せないといっても、相手の家族へ請求したり、勤務先へばらしたりしてはいけません。
場合によっては、
恐喝罪や業務妨害罪による刑事事件
名誉毀損やプライバシー侵害による損害賠償
となる可能性もあり、危険です。


当事務所では、貸金返還請求に関し、以下のようなサポートをしております。
・返済に関する協議の立ち会い
・各種の情報収集
・所在の調査・確認
・内容証明郵便による請求通知の作成代理&発送代行
・和解書や債務弁済契約書、公正証書の作成

お気軽にお問い合わせ下さい。

  電話番号 :03−5244−4707
  メールアドレス:info@naiyoushoumei.net

内容証明で貸金返還請求を行うメリット

内容証明で貸金の返還請求を行うメリットは、以下のようなものがあります。
1.書面として記録に残り、証拠になる
  電話や口頭では、あとで「言った言わない」となり、何の証拠にもなりません。
  また、相手が内容証明に返信してくれば、これも立派な証拠になります。
2.相手に心理的圧力(プレッシャー)をかけられる
  やはり内容証明の文書は、受け取る相手にインパクトがあります。
  相手が反論して来なければ、それ自体も貸した事実を認める証拠になります。
3.時効の進行を停止出来る
  完全な時効中断ではありませんが、時効にかかりそうな場合、6ヶ月間の猶予を得られます。


・お金を現金手渡しで貸している
・借用書を書いてもらっていない

そのような場合でも、返還請求出来ない訳ではありません。
ただし、事前に
メールの送受信記録を調べたり、振込明細や貸したときのメモがあるか確認する
電話で貸した事実(日付と金額)を相手に確認し、会話をボイスレコーダー等で録音する
などの用意をしておくことは大切です。

また、お金を返さない人の場合、「返さない」というよりも「返せない」ケースの方が多いと思った方が間違いありません。
そのような場合には、相手の現状を良く聞き、
月々可能な範囲での分割弁済を促したり、
一定期間の猶予を条件に保証人をつけてもらう、
などの保全措置が有用をなる場合も多くあります。
あまりに強引に催告することで、
・相手が行方をくらましてしまったり、
・破産申立をしてしまったり、
貸金の債権回収が不能になる場合もあります。

当事務所では、貸金返還請求に関し、以下のようなサポートをしております。
・返済に関する協議の立ち会い
・各種の情報収集
・所在の調査・確認
・内容証明郵便による請求通知の作成代理&発送代行
・和解書や債務弁済契約書、公正証書の作成

お気軽にお問い合わせ下さい。

  電話番号 :03−5244−4707
  メールアドレス:info@naiyoushoumei.net


債権回収の種類と方法
貸金の返還請求(債権回収)の方法は、以下のような方法があります。

基本的な債権回収
・話し合いによる和解・弁済
・内容証明による貸金の返還請求
・調停申立による債務弁済の協議
・支払督促申立による債権回収
・訴訟・少額訴訟による債権回収

高度なテクニック
・相殺や債権譲渡による回収
・債権者代位権の行使という秘技
・債務承認させる
・保証人の追加(重畳的債務引受)

やってはいけないこと
・勤務先や上司へバラす
・債務者の家族などへ請求する


貸金の返還請求チェック項目リスト

☆貸金の返還請求チェック項目リスト☆

1 貸し付けた相手について

2 貸し付けた金銭について

お金を貸した相手が、結婚紹介所や出会い系サイトで知り合った相手である場合は、要注意です。
また、貸した途端に連絡が取れなくなったという場合は、危険信号です。


当事務所では、貸金返還請求に関し、以下のようなサポートをしております。
・返済に関する協議の立ち会い
・各種の情報収集
・所在の調査・確認
・内容証明郵便による請求通知の作成代理&発送代行
・和解書や債務弁済契約書、公正証書の作成



内容証明に関すること、何なりと、お気軽にお問い合わせ下さい。

  電話番号 :03−5244−4707
  メールアドレス:info@naiyoushoumei.net


カウンター |▼内容証明【行政書士】作成相談室|▼今すぐ無料相談|▼お客様の声リンクSEOリンク


【PR】 男女トラブル離婚 相談不倫 慰謝料無料法律相談公正証書慰謝料請求時効 援用離婚届労働トラブル



★おすすめモバイルサイト★
内容証明代行内容証明作成内容証明プロ慰謝料請求jp公正証書浮気慰謝料相談室


Copyright(C) 行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス 内容証明作成相談室 All rights reserved. 

全国対応
内容証明とは?
1年365日 24時間受付しております
サイトマップ
内容証明とは
相談/お問い合せ
作成代行報酬
お客様の声
内容証明を依頼するメリット
事務所概要
相談無料
秘密厳守