内容証明 作成代行|内容証明作成相談室

内容証明郵便の作成および発送の代行!内容証明のことならお任せ下さい!!
内容証明作成相談室 内容証明郵便の依頼に関するご相談やお問い合せには費用は 一切発生しませんので、お気軽に電話またはメールを下さい。メール相談は日本全国【24時間365日受付】 相談無料!秘密厳守!
内容証明の作成手続きは、専門の法律家・行政書士へ 内容証明に関するお問い合わせ電話番号 内容証明に関する電話相談の受付は、平日9:30〜18:30です


内容証明作成相談室


内容証明作成代行

全国対応! 相談無料! 秘密厳守!

内容証明とは
内容証明の効力
内容証明の書き方
プロのチェックポイント
内容証明の訂正
封筒の書き方
内容証明の費用
内容証明の出し方
不送達/受取拒否
謄本閲覧と再度証明
内容証明の文例
内容証明Q&A


貸金の返還請求

売掛金の回収

不倫の慰謝料請求

婚約破棄の慰謝料請求

解雇予告手当請求

未払い賃金の請求

セクハラ行為差し止め

ストーカー行為禁止

クーリングオフ

支払い停止抗弁

契約取消・契約解除

敷金/保証金の返還請求

立ち退き要求

時効の援用


内容証明を出した後


内容証明代行のお問い合せ

内容証明作成代行報酬

内容証明依頼のメリット

内容証明代行のお客様の声

個人情報保護方針

特定商取引法に基づく表示

業務取扱方針

サービス提供エリア

事務所概要

TOP >> 内容証明の出し方

■内容証明の出し方

内容証明(内容証明郵便)は手紙の一種ですが、普通の手紙と違い、ポストに投函することは出来ません。
また、取り扱いをしている郵便局も限られています。
出し方にも一定の決まりがあり、ルールに従っていないと受理してもらえません。
以下に、その詳しい内容を解説させて頂きます。

■内容証明取扱郵便局

内容証明郵便を取り扱っている郵便局は、本局などの集配業務をしている大きな郵便局(集配郵便局)か、地方郵政局長が特に指定した無集配郵便局に限られています。


内容証明で出す場合、作成した文書と封筒を窓口の担当者に提出します。
郵便局に備付の「書留郵便物受領書」も記入して一緒に提出します。
郵便局の認証司が、その内容証明が所定のルールに従って作成されているかをチェックします。


■配達証明を付ける。

内容証明だけでは、相手に届いたか否か、いつ届いたか、ということが分かりません。
その為、内容証明には、必ず「配達証明」をつけるようにして下さい。
窓口の担当者に
「これを、内容証明郵便で、配達証明付にして下さい」
と伝えれば大丈夫です。
内容証明郵便で出す→ 内容証明郵便では、いつ誰にどんな内容の通知を出したかを証明出来ます。
配達証明をつける → 配達証明をつけることで、いつ相手に届いたかが証明出来ます。

内容証明郵便は、発送した後からでも、1年以内であれば配達証明をしてもらうことが出来ます。
ただし、証明してもらえるのは、差出人のみです。


■郵便局に持っていくもの

@内容証明3通(差出人・受取人ともに1名の場合)
   1通は相手への送達用。
   1通は郵便局保管用。
   1通は差出人保管用。

A封筒1枚(差出人・受取人の住所氏名を明記したもの)
   送達する相手方の住所・氏名を記入してあるもの
   封筒は、封をしない状態で持っていくこと

B印鑑
   訂正がある場合、必要となります。

C料金
(1)郵便料  80円 25グラムまでの場合
 ※(25グラム超え50グラムまでは90円)
(2)内容証明料  420円 ←1枚の場合
 ※(2枚目以降は1枚につき250円増)
(3)書留料  420円  一律料金
(4)配達証明料  300円  一律料金
(5)速達料  270円 ←速達で出す場合のみ必要


 本文1枚の場合、通常は合計 金1,220円(速達の場合は 金1,490円)
 本文2枚の場合、通常は合計 金1,470円(速達の場合は 金1,740円)
 本文3枚の場合、通常は合計 金1,720円(速達の場合は 金1,990円)
 本文4枚の場合、通常は合計 金1,980円(速達の場合は 金2,250円)
 本文5枚の場合、通常は合計 金2,230円(速達の場合は 金2,500円)


■内容証明郵便のチェック

内容証明郵便の場合、専門の担当者が各行・各列の文字数などを丹念にチェックします。
その為、少し待たされます。
たまたま内容証明を出す人が多くて混み合い、チェックする担当者が一人しかいなかったりすると結構待たされます。
そして字数などの問題がなければ、呼ばれてから担当の郵便局員の目の前で3通のうちの1通(差出人・受取人ともに1名の場合)を封筒に入れて封を閉じ、その郵便局員に渡します。
間違いがあった場合には、その場で指示に従って訂正します。
※欄外に「何行目何字削除、何字加入」などと書き、そこに差出人の印鑑を押します。


■書留郵便物受領書

最後に会計を済ませたら、郵便局員から、内容証明の謄本(差出人控え分)とお問い合わせ番号を記載した「書留郵便物受領書」を渡されます。大切に保管して下さい。

インターネット上の「郵便追跡サービス」で、いつ届いたか否か等が確認出来ます。



内容証明に関すること、何なりと、お気軽にお問い合わせ下さい。

  電話番号 :03−5206−7773
  メールアドレス:info@naiyoushoumei.net


カウンター |▼内容証明【行政書士】作成相談室|▼今すぐ無料相談|▼お客様の声リンクSEOリンク


【PR】 男女トラブル離婚 相談不倫 慰謝料無料法律相談公正証書慰謝料請求時効 援用離婚届労働トラブル



★おすすめモバイルサイト★
内容証明代行内容証明作成慰謝料請求jp公正証書浮気慰謝料相談室


Copyright(C) 行政書士事務所 飯田橋総合法務オフィス 内容証明作成相談室 All rights reserved. 

内容証明の作成代行は『全国対応!』
1年365日 24時間受付しております
サイトマップ
内容証明とは
相談/お問い合せ
作成代行報酬
お客様の声
内容証明を依頼するメリット
事務所概要
相談無料
秘密厳守